FC2ブログ





Bf109E-4(4) 

ようやく塗装に入ります。

今回は最初から作る機体をヘルムート・ヴィック少佐機に決めていました。バトル・オブ・ブリテン時の塗装にするということと、ハセガワがヴィック機としてデカール替えで出してる小池繁夫さんの箱絵がすごくよかったのでこの塗装で作ることにしました。
塗色は機首を04、機体塗装は02/71/65で胴体側面に71を海綿でたたきつけた細かい斑点迷彩の変わった塗装です。
ハセ箱


まず薄め液をつけたティッシュで全体を拭きます。これは作業中についた手の油を落とすためにやってます。油がついたままだとマスキングをはがすときに色が剥げます。水洗いでもいいんですが面倒なのでいつもこの方法です。
拭き終わったら、キャノピーの下塗りと影付けのためにRLM66に黒を混ぜたものを吹き付けます。
機体の筋彫りに沿って吹くのはやらなくてもたいして変わらないのですが、サフを吹かないので機体色など薄い色は乗ってるかどうかわかりにくいため確認しやすいようとりあえずやってます。
下塗り


機首をRLM04イエローに塗るため下地の白を吹きます。買ったままあまり使わないガイアカラーを使いました。この色は粒子が粗いので去年使った時に驚いた覚えがあります。細吹きには使えませんが隠蔽力が高いのでベースホワイト代わりにはなります。
カウリング下塗り

グンゼのRLM04は48や72スケールに塗るには暗すぎるので白を混ぜて調整します。面倒ならキャラクターイエローでもいいと思います。キャラクター系の色は隠蔽力や発色がいいので結構使えます。
オレンジ


胴体の基本色RLM65ライトブルーを胴体側面と下面に吹きつけ、翼の塗りわけのためマスキングをします。フェアリング部分は入り組んでるので一度貼り付けて形を写し取ってから切り抜いて貼りました。塗りわけをぼかしたかったので裏に塗料を塗って粘着力を落としてます。前後しますが、RLM65はグンゼの115番で出てますが、うちになかったので、117と118と白を混ぜて作りました。色調はモデルアート別冊のJu88本にあるカラーチャートを参考にしてます。
楊枝でなぞり形を写す

はがして切り抜く

塗料をふちに塗る


主翼と胴体上面を塗るためのマスキングが終わったところ。
RLM02にはコクピットで使ったものより緑を少なくしてます。
機体マスク1

RLM71ダークグリーンを塗るために主翼と尾翼の塗りわけ線をマスキングします。実機の境界線は少しぼけてるのですが、48だったらそのままでもいいと思います。71にはグンゼの17番が対応してますが、茶色が強すぎてイメージと違うので116と123と黒を混ぜた色を使います。
機体マスク2


基本塗装が終わったところ。
基本塗装

側面の斑点は次回で。



[ 2006/09/25 21:41 ] Bf109E-4 | TB(0) | CM(0)

Bf109E-4(3) 

今日の作業は翼と胴体を接着し、継ぎ目を消していきます。
たいていのつなぎ目には筋彫りがかかっているので消えた筋彫りを彫りなおすのも同時に行います。
といってもタミヤのキットは筋彫りが深いので、消えたところをナイフでなぞり、目立てやすりで整えてやるだけで十分です。
つなぎ目


今回はフラップを下げた状態で作るため、エルロンの内側もきちんとつなぎ目を消しておきます。
補助翼内側


機首はそのままでもいいのですが、せっかくカウリング内にエンジンらしきものが作ってあるので、エンジン冷却用のエアインテイクから見える範囲でディティールを追加しました。
エンジン

カウリングをかぶせて見たところ。ふちはもともと薄いのであまりいじらないほうがいいと思います。失敗すると穴の形が変わって修正が面倒です。
隙間


機首下面前方にある潤滑油排出口内はすっからかんなので、冷却液タンクっぽいものを中に入れておきます。丸くてサイズの合うパーツをジャンク箱から持ってきて半分に割って入れました。多分イタレリの飛行機キットのプロペラ止めだと思います。
丸

こういう感じになりました。
冷却液タンク



[ 2006/09/22 23:52 ] Bf109E-4 | TB(0) | CM(0)

Bf109E-4(2) 

今日はキャノピーをいじっていました。

第一風防内の上部に手がけのようなものがついてるので、黒いランナーを伸ばしランナーにしてクリアーで接着。
黒ランナーを使うのは塗装の手間を省くのと接着時の汚れを防ぐためで、接着にクリアーを使うのは普通の接着剤や瞬着を使うことでの汚れや白化を防ぐためです。強度の必要ないところには使えます。
実機の写真を見ると内側左右に主計器板照明灯がついてますが、枠の幅が細くてつけるとみっともなくなりそうだったので省略しました。
キャノピー1


マスキングにはセロテープを使っています。貼り付けたあと枠に沿って密着させ、刃を換えたデザインナイフで切り抜きます。
失敗すると泣きますがこの方法が一番楽です。メッサーやフォッケは枠が直線な上に少ないので楽です。
キャノピー2


防弾鋼板は上方部を切り取る指示があるので切り取り整形します。
視界確保のためによく行われてたみたいです。ハセガワのキットでは防弾板はエッチングでしたね。
防弾板

[ 2006/09/21 23:52 ] Bf109E-4 | TB(0) | CM(0)

Bf109E-4 

続きです。

シートははみ出した瞬着を削り取ってプライマーを塗り塗装しました。
塗色は迷いましたが、ドイツ博物館の実機に従いRLM02グレーに。(前回の記事で06と書いてましたが正しくは02でした。うろ覚えで書いてしまい恥ずかしい)
塗料はMrカラーの60と123を混ぜてを使用。60は02グレーなのでそのまま使ってもいいのですが、ビンが新しくなって前よりもこの色は白っぽくなったのと、実機のグレーがかなり緑の強い色だったため混色しました。
一度全体に02グレーをエアブラシで吹き、その後ベルト部分に128と1を混ぜたベルト色を吹き付けます。ベルト色がはみ出たところを02グレーでリタッチした後金具に銀を塗り、明灰白色でドライブラシをかけた後フラットベースを吹き付けてつやを消します。黒とレッドブラウンを混色した色でスミ入れをして完成。ドライブラシとスミ入れはエナメルを使っています。
シート

ドイツ博物館の実機はシート以外はRLM66ブラックグレーだったので計器板も116ブラックグレーを吹きます。この色はMrカラーそのままです。付属の計器板デカールをディティールに合わせて貼り、セッターとソフターで密着させます。この時デカールは貼りやすいように計器ごとに切り分けたほうが貼りやすいです。僕は横着をして半分にしかしなかったので少しずれました。
デカールは凸の上に張るのでソフターではどうしても密着しないところも出ます。そのときは流し込み接着剤で溶かすという方法もありますが失敗するとどうしようもなくなるので最後の手段です。
白で修正をして、ドライブラシ、つや消し、スミ入れで終了。照準器ReviC/12Dは出来が良かったので反射ガラスのみ透明プラ板に置き換えただけです。遮光フィルターは収納時だと思って下さい。
計器板


胴体左右はデカール以外計器板と同じ手順で塗ってます。右舷の酸素供給装置(銀色の部分)はもっとごちゃごちゃしてるのですが、面倒だったのでそのままです。
コクピット2


フットペダルにはベルトがつくのですがこれも見えないのでそのままです。操縦桿も前後逆につけてしまいました。
コクピット1


ようやく飛行機の形になりました。
十の字


キャノピーは次ぎやります。
[ 2006/09/20 23:31 ] Bf109E-4 | TB(0) | CM(0)

またか 

ベルガダラスは収拾がつかなくなってきたので無期限延期ということで勘弁してください。

というわけでこれに手をつけ始めました。
Bf109E箱

タミヤの1/48メッサーシュミットBf109E-4/7です。
今手に入る48のE型のキットはタミヤとハセガワ、ホビークラフトとありますが、ホビクラは成型がたるいうえに胴体後部形状や垂直尾翼、機首の形が変なので実質タミヤかハセガワの二択になります。
実機の写真や映像には長谷川のほうが似てると思うのですが、組み立て安さや値段でタミヤのほうが決定版でしょう。
ハセガワより10年くらい後発な分、部品分割が良く考えられてて機首下面のカウリングやラジエーターが後から取り付けられるようになってます。ハセガワは胴体や主翼と一体だったので塗りにくかったんですよね。
E-3では無視されていた垂直尾翼の左右非対称なところも直されています。オーバーな凸リベットやごつい細部表現で大戦初期の無骨なドイツ機のイメージにぴったりです。

駄目なホビクラ製メッサーですが、初期のB、C、D型はホビクラからしかないので機首だけハセかタミヤに移植するといいかもしれません。アカデミーのD型はホビクラです。

文句なくよく出来てるのでストレート組みなんですが、シートベルトはさすがについてないのでファインモールドのものを追加します。(一応デカールで再現してあるのですが見栄えが悪くて使えません)
肩ベルトはシートの途中から生えてきてるので、シート背中上部に穴を開けて通します。パーツが結構肉厚なので裏側を削って穴を開けます。実機のシートはプレスしたものなので薄く、そのまま穴を開けると肉厚が目立ちます。
コクピット

シート裏

ベルトにはあらかじめ折り目をわざとつけて表情をつけます。エッチングをそのままつけると布っぽくなくてどうにもわざとらしくて好きになれません。ファインのエッチングは焼きなましてもやっぱり金属の反発力は残ってて、いつもシートになじませて接着するのに苦労します。もう少し反発の少ない半田みたいにやわらかい素材だとやりやすいのですが。エデュアルドの真鍮色のは素直で使いやすいので材質の問題なんでしょう。
上の写真でピンセットが二本写ってますが、黒いほうはシートベルトを曲げてシートになじませるのに使います。コーティングなしの銀色のほうだと微妙に磁力を持ってしまって、ベルトがピンセットにくっついてしまい使いにくいです。
後ではみ出た瞬着を削り取り、プライマーを塗って仕上げます。

迷っているのがコクピット内部の色です。06で塗るように指示されてますがキット指定の色は正しいのでしょうか。一部の実機写真を見ると、どう見ても防弾板やコクピット内部は06には見えないのと(もちろん06に見える機体もある)、ドイツ博物館の機体は66一色で塗られています(復元機なので必ずしも当時の色ということはない)。このキットの塗装指定はイギリスにある機体のもの(この機体も復元機。キャノピーが違ってたりコクピット側面がグレイグリーンだったりしてかなり怪しい)を参考にしているようですが、コクピット色は複数あったのでしょうか。日本機も従来の機体内部は青竹色説がかなり怪しくなってきているのでドイツ機も疑ってしまいます。

主翼は上面が少しヒケてたのでパテでヒケを消しました。使わなくても良かったかも。
主翼ヒケ


次はキャノピーと胴体です。
[ 2006/09/17 05:46 ] Bf109E-4 | TB(0) | CM(0)