スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜花(1) 

自分的にはハセガワ32雷電より期待していたファインモールドの桜花です。
48の桜花は大昔にホークがキット化していましたが、オークションでもなかなか出品されず手に入らなかったのでホビーショウで発表されてからずっと楽しみにしていました。
ホークの桜花は後にツクダからも発売され、Me163と抱き合わせで販売されることもありましたね。桜花の開発経緯を知っていると桜花が本来装備したかった液体ロケット動力を装備したコメートとの抱き合わせは感慨深いです。
RIMG0127.jpg

72でならばハセガワの一式陸攻24丁に付属の古いものが入手できました。48桜花は海外の簡易メーカー(AZモデルだったか)が出すという話もありましたがいまだ続報はなく、純然たる特攻機なので国内メーカーからはもう出ないのかなと思っていましたが、ファインモールドはやってくれました。さすが橘花(特攻機ですよ)や回天を出したところは違います。
そんなファインモールドの新キットですが、小型な機体なため部品も少なく運搬車も含めてランナーは三枚です。
この油圧ジャッキのついた運搬車も新資料に基づくもので、写真が出てきたのはここ最近のことです。キット代のうち500円分くらいは価値があります。せっかく立派な解説つけてるので説明書でもっとアピールすればいいのに。
RIMG0123.jpg

別売りエッチングは座席を中心に照準環や運搬車の固定バンドなどとおまけのスパナ、挽き物のピトー管です。いつものことですがちょっと高いです。エッチングの材質を洋白から真鍮に変えてくれたのはうれしい変更です。
真鍮は洋白より柔らかく、反発が少ないので加工しやすいのです。磁気を帯びたピンセットにもくっつきませんし。
RIMG0130.jpg

練習機型のK-1も同時発売され、こちらは練習機塗装のオレンジが目に痛い箱絵です。正直K-1まで出すのはびっくりしました。何枚か写真が残っていますが、よく細部の資料そろったものです。
それにしても切羽詰っていたとはいえ、これで滑空飛行一回で実戦投入というのはずいぶん乱暴な話です。
RIMG0128.jpg

こっちは胴体側ランナーが丸々一枚新規で起こしてあり、運搬車は付属しません。ソリつけてたら台車に乗らないからなのでしょう。しかし桜花と値段が同じなので、こっちにもつけてて欲しかったです。
一式陸攻に搭載するときはあれを使ったはずでしょうから、ソリは取り外し式だったんじゃないかと思います。
RIMG0124.jpg

桜花とK-1のデカールです。デカールは桜のマークだけでなく、注意書きまでしっかり入れてくれています。
製造番号らしい1022がこれしかないのは、写真で確認できるのが沖縄で鹵獲されたこの機体だけだからなんでしょうね。
RIMG0125.jpg

資料としては今桜花を作るならこれははずせないでしょう。キットの解説も担当されてる加藤浩氏の『神雷部隊始末記』です。
実際に桜花を運用した721空生存者の証言を中心に日本側戦闘詳報と米軍記録を丁寧に調査編纂された労作です。N氏やW氏に時々見られる理解不足から来る非難の記述がなく読みやすいです。また掲載写真も珍しいものが多くカラー塗装図も入っていて機体の資料としても使えます。
有人滑空爆弾として色々と語られる桜花ですが、生きている人が計画整備運用していたということがよくわかるこの本は戦史ファンならずともぜひ読んでほしいです。
掲載されている神雷部隊署名帳は悲しく、なんともいえない気分になります。
RIMG0138.jpg

より機体側のディティールを求めるならモデルアート別冊の『「秋水」と陸海軍のジェット、ロケット機』でしょう。図版は上述の『神雷部隊始末記』と重複してますが、こちらはエンジンジェット化した二二型の写真が多く写真も大きいので模型作りの資料にいいでしょう。
RIMG0139.jpg

海外の特攻機研究本ですが日本人研究者と合同で翻訳本が出ました。目玉は特攻グライダー神龍と、開発中だった熱誘導式滑空爆弾各種ですが、戦後すぐに世界中に悪い意味で宣伝された桜花についても詳しいです。
桜花の記述は正確なのですが、困ったことにこの本は所々とんでもない勘違いがそのまま載ってて注意が必要です。その辺を織り込み済みで楽しめるマニア向けですね。値段も高いですし。
RIMG0129.jpg

開発元の空技廠からみた桜花と当時の海軍軍令部の特攻構想を知るなら、下の学研ムック『海軍航空技術廠』と『大戦末期航空決戦兵器』の2冊が参考になります。桜花の記述は少ないですが『航空決戦兵器』のほうは特攻専用機材の整備計画である興国兵器計画(皇国にあらず)を詳しく知ることが出来ます。
RIMG0140.jpg

こっちはちょっと入手が難しいですが、空技廠スタッフ自身が戦後すぐに記した日本海軍機解説が興味深く、当然桜花についても触れてある『航空技術の全貌(上)』です。K-1の珍しい写真が収録されています。
戦後は擁護されている技術者の考え方が時々うかがえて、オイオイと突っ込みを入れたくなったりします。
絶版ですが、画像と同じ新しい版のほうなら下巻とあわせて1万もあれば何とかなるでしょう。
RIMG0141.jpg

内藤初穂の『桜花』もいい本らしいのですがこれは読んでません。同じ筆者の『海軍技術戦記』は読んだのですが桜花の記述あったかなぁ…。

次から製作編です。(Ju88は?)


[ 2011/09/07 23:13 ] 桜花 | TB(0) | CM(2)

おじゃまします

ファインモールドの桜花ですか。なかなか出来がよさそうですね、見せて頂きありがとうございます。私は、ずいぶん前にオーロラの1/48桜花(ツクダが国内販売していたと思います)を入手したのですが、もはや存在価値がなくなりましたね・・・。
[ 2011/09/13 21:05 ] [ 編集 ]

Re: おじゃまします

第8大隊さん

昔の48桜花はロケットの噴射炎がクリアーパーツで再現されていたりと楽しいキットみたいですね。
そのまま作って新キットの横に並べるのもいいかもしれませんね。
[ 2011/09/13 22:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1045classrooms.blog73.fc2.com/tb.php/208-5c86ffdb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。